よし、健康な生活習慣をきわめてやろうじゃないか!

「クオリティオブライフ?」

「ライフワークバランス?」

君はいったい何を言っとるのかね??

世の中は空前の健康ブームです。

昭和の常識はもう通用しません。

そして私の不健康な生活習慣も、もはやこれ以上通用しません。

昭和の男性像はもう通用しなくなった

健康志向の高まりに背中を向け続けて、ふと気が付けば私もいつの間にか中高年と呼ばれる歳になりました。

正直に告白いたしますが、私は今まで、健康などを意識して、生活習慣を改めようなどと、思ったことは過去一度もありませんでした。

そんなのは

「男らしくない」

「女々しい」

「かっこ悪い」

「甘い」

「ふまじめだ」

……とか思っていたのです。

今、若い方にこんなことを言ったら

「何言ってんの? 意味不明……」

でしょう。

でも、おそらく私と同じ40代以上の方、特に男性なら。

実はこんな考え方って決して珍しくないですよね?

昔ってみんなそうだったじゃないですか。

私たちが子供のころ(昭和40年代くらい)

男性の喫煙率は、なんと約80%だったんですよ?

(ちなみに女性は15%前後)

今じゃ考えられないですよね?

(ちなみに2017年時点では男性28.2%、女性9.0%)

http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html

今さらだけど、健康になろうと決心した

しかし、私は決して

「昔は良かった」

なんて、言うつもりはありません。

客観的に考えれば、いやどう考えても、健康は一番大切な財産だというのは間違いのないことです。

ヘルシーブーム。

アンチエイジング。

今まで私は恥ずかしいのもあったし、何か変なプライドみたいなのもあって、ずっと否定してたんですけど。

でも、分かってるんです。

そのほうが良いに決まってるんです。

素直に考えれば、当たり前ですよね?

でも、私たち世代って、そういうものになぜか抵抗がある人が少なくない。

そうですよね?

……そう言えば、昔から母親や祖母は、口癖のように

「体を大事にしなさい」

と声をかけてくれました。

たぶん、みなさんそうですよね?

若い頃は

「それしか言うことないのか?」

なんて、うそぶいていたものですが。

今になって見ると、涙が出るほどありがたい言葉だったんだなあとしみじみ思います。

どうせなら、思いっ切り「健康志向」になるほうがいい

とはいえ、長年身に付けた生活習慣を変えるというのは、実際並大抵のことではありません。

すでに失った時間も帰って来ません。

正直、こう言っている私自身今でさえ、自分が健康な生活習慣なんて、できる気がしません。

それでも、このまま何となく

「そろそろ健康にも気を付けないといけない歳だなあ」

などと、中途半端に心配しているのは気分的にも嫌ですし。

それに私の場合、そんな中途半端な気持ちでは、おそらく何も変えることはできないでしょう。

今まで、できてないんだから。

もちろん、今回は

「久しぶりに健康診断を受けて、結果に驚いた」

「身近な多くの人たちに、まじめに心配されて、感動した」

「っていうか、このままだと本当にヤバい」

といったいろいろな理由があったのですが。

でも、実際血糖値とか、血圧がどうとか、あるいは病気の話とかって、気分がどうしても後ろ向きになってしまうじゃないですか?

それでは余計に不健康になってしまうような気がして。

ですから、どうせやるんだったら、

中途半端にじゃなく、消極的にじゃなく真剣に前向きに

「健康志向」

に取り組んでやろうと思い立ちました。

「今さら健康になろうなんて、無理だよ……」

なんて思うのはやめることにしました。

ここで、自分の不健康な生活態度に「終止符」を打ってやる!

今までの分を取り返してやる! と。

本気になったら、どこまで健康になれるか見せてやる! と。

(だれに見せたいのかよく分かりませんが)

健康について、だれよりも詳しくなりたい

私が今まで見向きもしなかったこと。見て見ぬ振りしてきたこと。

たとえば、健康に良い食べ物。

健康な生活リズム。

快適な睡眠。

適度な運動。

(……ってこんな言葉を自分が発していること自体が、今、不思議です)

思い付くことは全部やってみようと思っています。

健康グッズのコレクションを趣味にしようかな?

健康食品全部食べてやる……みたいな。

……と自分で言ってて、健康食品って具体的にはカロリーメイトくらいしか思い付かないんですが。

しかし、自分でも驚くほど知識が貧弱すぎる。

まずは健康についてもっと知らなければ。

みんなで明るい健康志向になろう!

私と同じように人生の前半を突き進んできた中高年のみなさんにも、

「やればここまでできるぞ」

と感じていただけたら嬉しいです。

特に中高年のみなさん。

とりあえず、もう

「健康なんか気にしてられるか!」

「男はそんなこと気にしてちゃダメだ!」

というような古い価値観は、ここで一緒に捨ててしまいましょう!

私たちは健康になっていいんです!

健康で、いつまでも元気で若々しくあることを、素直に願いましょう。

もっと元気で、明るい、健康で文化的な生活を自分に許すんです。

「健康なままでいたい」

「生活習慣を変えたい」

そう感じることができた自分をほめてあげましょう。

喜びましょう。

そして一緒に頑張りましょう。

自分にどこまでできるのかは分かりませんが、

「健康になってやる!」

という意気込みだけは確かです。

ここで宣誓いたします。

みんなで、明るい元気な中高年になりましょう!

よろしくお願いします。

滝口