心の健康一覧

NO IMAGE

一個人として、QOLとADLの関係について考えること

ADL(activities of daily living:日常生活動作)とは、 「人間が生活を営むときに不可欠な動作」 というような意味ですよね? でも、私たち一般の素人考えで見ると、生活を営む上で不可欠な動作……それって、 「今できるすべての動作」 って思いませんか?

NO IMAGE

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の実質的な意味

QOLとは、クオリティ・オブ・ライフ(Quality of life:生活の質)の頭文字をとった略語です。 生活の質……と言っても漠然とし過ぎているので、一般的な説明としては、 「その人が人間として、個人としてどの程度快適で幸福な生活を過ごしているかという尺度」 という感じです。

NO IMAGE

長生きしたいからこそ、健康の「目的」を考え直したい

日々、テレビやネットで健康に関する情報を探したり、日常生活の中でそれを実践したりする……前から言ってる通り、私は今までそういうことを、どちらかというと否定し、無視し続けてきた側の人間なんです。 「健康情報ばっかり気にしている人って、なんだかなあ」 ……って感じで、ちょっと変な目で見ていたと思います。

NO IMAGE

偉人たちの残した「最後の言葉」に人生観の光と影を見る

昔の偉人たちが残した「最後(最期?)の言葉」 ……それは私たち凡人にも、人生の意味の何たるかを垣間見せてくれたりします。 それら偉人たちの最後の言葉には、自分の死に際、臨終の時を察しても動揺することなく、人生を振り返ったり、自分の信念を表したりしたものが少なくありません。

NO IMAGE

「病は気から」というのはどこまで本当か

俗に、 「病は気から」 と言います。 病気は、心の持ちようで良くなることもあるし、逆に悪化してしまうこともある……という意味ですね。 もう少し広げて考えると、いつも 「自分は健康だ」 「健康になるぞー」 と思っていたほうが、本当に健康に暮らすことができそう……ということでもあります。

NO IMAGE

「長生きなんかしたくない」という人の気持ち

長生きしたくない……だなんて本当だろうか? 私はずっと長い間、当然だれだって「長生きしたい」と思ってるに決まっていると、思い込んでいました。最近になって、その手の会話をするたびに、周囲の人の中には「そんなに長生きしたって、しょうがないよ」というように言う人が意外に多いということに気が付きました。

NO IMAGE

寿命延長の切り札となるか遺伝子「テロメア」の役割とは

テロメア(telomere)とは、ギリシャ語で「末端部分」を意味します。テロメアは遺伝子情報をつかさどる「染色体」の末端部分に位置する構造体です。一見無意味な配列のようでもあり、見方によっては単なる遺伝子の切れ端なのですが、実は最近の研究によるとテロメアが存在する意味は大きく2つあります。その一つは……

NO IMAGE

長寿遺伝子「サーチュイン」とサートフード

サーチュイン(Sirtuin)遺伝子とは、寿命や老化の進行に関与する遺伝子と見られており、長寿遺伝子、長生き遺伝子などとテレビでも話題になったことがあります。 この遺伝子が活性化すると、個体の寿命が伸びるとともに、老化の進行が止まるか、もしかすると若返りにつながる可能性があるという説があります。

NO IMAGE

「長生きする」ということのイメージを固めておく

「長生き」と言ったときのイメージは、実は人によってずいぶん差があるようです。 長生きができることを幸せだなあと思う人もいれば、長生きなんてしてもロクなことはない、長生きすると家族や周りの人に迷惑をかける……というように、否定的なイメージを持っている人もいると思います。