食生活と栄養一覧

NO IMAGE

カタクチイワシの料理と栄養

外国では「アンチョビ」と呼ばれる片口鰯(カタクチイワシ)は小型の割には大きな口をした、よく見るとユーモラスで可愛らしい顔をしているイワシです。大群で回遊するので大量に収穫できるため安価で、釣りでも割とよく釣れますが、日本人にはむしろシラス干しや煮干しとしてお馴染みのイワシです。

NO IMAGE

数の子が苦い理由

数の子はニシンの卵です。昭和30年頃からニシンの漁獲高が減少し始めたことによって、数の子は高級食材というイメージが一般に広まったようです。 今でも北海道産の数の子はけっこう値が張りますが、今は輸入物も多く流通しています。

NO IMAGE

肝が入ってない鱈汁なんて嫌だ

鱈(タラ)と言うと北海道などのスケソウダラ(スケトウダラとも。ちなみに一般に流通している「たらこ」はだいたいスケトウダラの卵巣)なんかも有名ですが、ふつうは「真鱈(マダラ)」のことになりますかね。 鱈は特に足が早い(傷みやすい)魚ですから、漁師さんでもなければお刺身で食べ……

NO IMAGE

意外に知らない「戻り鰹」の意味と時期

イメージとして、 「なんか、鰹って海をぐるぐるぐるぐる回ってるんじゃない?」 くらいは分かりますが、正面切って「戻り鰹って何?」と聞かれると説明に困ってしまいます。それに、そもそも鰹の旬は春じゃないの? だったら戻り鰹って何それ? 美味しいの?……という疑問にお答えできるようにしておかなければ。

NO IMAGE

鰹(カツオ)の旬がいまいち分からない

鰹(カツオ)と言えば「土佐の一本釣り」と名高い高知、あるいは「びんた料理」が知られる鹿児島の枕崎などが有名ですが、漁獲量がダントツで多いのは実は静岡県で、次いで小笠原諸島を含む東京、次が三重、その次が高知県。意外な気もします。

NO IMAGE

牡蠣にあたる原因と、それでも食べるなら

牡蠣が好きな人は多いと思います。しかし、昨今は牡蠣は「あたる」という疑念が付きまといます。イメージが先行して不安を持ちながら食べるのでは美味しさも半減ですよね? 少なくとも、牡蠣にあたる原因を整理しておき、できるだけ安心して思いっ切り楽しく食べたいものです。

NO IMAGE

牡蠣はなぜノロウィルスを持っているのか?

牡蠣のシーズンになるとワクワクしますが、一方でいつも 「ノロウイルス」 という言葉が頭をよぎります。 スーパーなどでは牡蠣は「加熱用」「生食用」と表示が区別されていますが、結局は生食用だから絶対大丈夫という完全な保証はないと言われています。

NO IMAGE

蟹って栄養あるの?(なくても食うけど)

蟹(カニ)って美味しいですよね。気分も高揚しますよね? だから別に健康に良いとか、どんな栄養があるとか知らなくても目の前にあれば一心不乱に食べるだけなんですけれども……一応知っておいたほうが良いと思いまして。 私の実家は日本海沿岸部なので、実家にいるときには蟹と言ったら 「紅ズワイガニ」

NO IMAGE

とびこ(とびっこ)の親はだれ?

「とびこ」あるいは「とびっこ」と呼ばれますが……あれはトビウオ(飛魚)の卵です。 トビウオは関東圏では春先に出回ります。お刺身でも美味しいと聞きますが私はあまり馴染みがありません。 それより、トビウオはよく「つみれ」や「ちくわ」など練り物に使われたり、「あご干し(日本海側ではトビウオ……