中高年の病気と症状一覧

NO IMAGE

足の痛みの種類と原因、安易な自己判断は危険かも?

足の痛みは、痛む箇所や足の痛み方などがそれぞれに異なっている場合も多く、他人の例を聞いても同じ症状なのかどうか、また他人の足の痛みの場合に有効だった治療法で同じように効果が出るのかどうか、一概に言えないので対処が難しい場合があります。また、いつも足の同じ場所に痛みが出ることに気が付いて……

NO IMAGE

膝の痛みの原因「歳のせいだと我慢しないで」

妻が数か月前から「膝が痛い」「膝が痛い」と痛みを訴えるようになりまして。 医者に通い出しました。 長年販売の仕事をしており、立ち仕事が続いたことと、もともと大柄な女性でしたが結婚、出産後にますます大きくなりあそばされましたので……体重の負担がより大きく膝にかかっていたのでしょう。

NO IMAGE

痛風だけは嫌だ! プリン体と尿酸の新常識

痛風を予防するためには、プリン体の摂取を控えることが大切……と言われてきましたが、最近になって、それだけをことさらに気にしてもあまり効果がないということが分かってきたようです。 たとえば尿酸値を上昇するものはプリン体に限ったわけではなく、フルーツなどに含まれる果糖は尿酸の生成を促進してしまうので控えたほうが良いことになります。

NO IMAGE

痛風を疑うべき初期症状(そして何をすればよいか)

痛風と言えば、痛風発作と呼ばれる激しい痛みが繰り返し起こることで怖れられている病気です。 痛風による関節炎は、足の親指の付け根に生じることが最も多いですが、足の甲とか足首、あるいは膝などに映る場合もあり、人によっては激痛ではなく足の感覚がなくなった感じになったりする場合もあるようです。

NO IMAGE

メタボ解消の第一目的は、あなたの命です

最近、周囲の人から「メタボ」と呼ばれるようになってきた……何とか解消する方法はないかなあ。……と思っている中高年のみなさんへ。メタボを解消する目的は「お腹を目立たなくすること」じゃありません。あなたの生命を守ることです。そもそも、メタボリックシンドロームというのは、肥満かどうかを判定するものではありません。

NO IMAGE

メタボリックシンドローム診断基準の変更で私たちは?

メタボ(メタボリックシンドローム)って、お腹が出てるおじさんのことをイメージしますよね?それ、正解の半分です。正確にどうなったらメタボリックシンドロームなのか、意外に知りませんよね?ちなみに、2018年を目途にメタボの診断基準が変更される予定です。

NO IMAGE

脂質異常症の診断基準と、それが意味するもの

2007年の改定で、高脂血症という名称は変更されて「脂質異常症」となりました。理由は、「善玉コレステロール」の働きが明らかになって、善玉コレステロールが少ないことも問題になり、「総コレステロール値」が高い「高脂血症」と呼ぶには適切ではなくなったからです。

NO IMAGE

まぶたに黄色いできもの、高脂血症の症状かも。

生活習慣病はサイレントキラーと呼ばれるように、ほとんど自覚症状がありません。しかし、高脂血症(最近は脂質異常症とも言われます)の分かりやすい症状として、まぶたにできる黄色い斑やできものがしばしば挙げられます。関係があるのでしょうか?