痛風を疑うべき初期症状(そして何をすればよいか)

痛風と言えば、痛風発作と呼ばれる激しい痛みが繰り返し起こることで怖れられている病気です。

痛風による関節炎は、足の親指の付け根に生じることが最も多いですが、足の甲とか足首、あるいは膝などに映る場合もあり、人によっては激痛ではなく足の感覚がなくなった感じになったりする場合もあるようです。

また、今は尿酸値を下げる治療法がありますから放置しない限りそれほど心配することはありませんが、適切な治療をせずに放置すると慢性化して尿酸塩結晶の蓄積が進み、その部分が結節になります。

痛風の原因は?

痛風は本人にとっては急に足指の関節などが赤く腫れて、耐えがたいほどの痛みが出てくるのが恐ろしいところですが、実際にはある日突然痛風になるわけではなく、まず高尿酸血症と呼ばれる状態になります。

血液中の尿酸値が高いままだと尿酸塩結晶ができはじめ、これが関節炎を起こします。その結果として発作的な激痛を起こすのです。

つまり痛風の直接的な原因は、尿酸値が高い状態が続くことです。痛風発作は、体が尿酸塩結晶を異物と見做して排除しようとするために起こるのです。

痛風の患者は95%が男性です。これはもともと男性のほうが平均的に尿酸値が女性より高いためで、痛風の前段階である高尿酸血症は、尿酸値が7.0mg/dl以上であることが基準になっていますが、女性ではそこまで尿酸値が上がることは稀です。

とはいえ、まったくあり得ないわけではありません。特に現代は食生活が豊かで過剰摂取も珍しいことではありません。

痛風は老人病というようなイメージもありますが、近年は女性や若者の発症が増加している傾向にあります。

また、特に仕事によるストレスを多く抱えている人、激しい運動でエネルギー消費が激しく、食事量の多い人、肥満の人が痛風にかかりやすい傾向があると言われています。

痛風の初期症状

残念ながら、痛風になって痛風発作が起きてしまう以前に自覚できる症状はほとんどありません。稀に何となく関節が一時的にしびれたりするのを自覚できる場合もあるようですが、それが「痛風発作の前兆だ」とはっきり分かる人はほとんどいないでしょう。

ただし、痛風になるのはほとんどの場合、まず一定期間「高尿酸血症」であることが原因です。残念ながら、高尿酸血症そのものにも自覚症状はまったくありませんけど。

体調の異変などからこれを自覚できる可能性はほぼないです。

と言っても……高尿酸血症というのは、そもそも尿酸値が基準を超えて高いということであり、つまり高尿酸血症の初期症状と言えるのは

「尿酸値が高い」

ということです。このことははっきりしているのです。

尿酸値が7.0mg/dl以上であると高尿酸血症と診断されます。そして、尿酸値が9mg/dlを超える場合、今後5年間に痛風発作が起こる確率は尿酸値6 mg/dl未満の人の

40倍」

です。

尿酸とは?

尿酸というのは、体内での自然な代謝によって発生するもので、常に体内に一定量存在します。通常の尿酸値は100mlの血液の中にどれくらいの尿酸が含まれているかを計測したもので

男性 47mg/dL

女性 2.56mg/dL

くらいです。

これが7.0mg/dLを超えると尿酸は血液の中で飽和して結晶化するようになります。つまり溶けきれないで残ってしまったものがカタマリになるというイメージです。これが関節などの蓄積されやすい部位に集積することで発症してしまうわけです。

プリン体とは?

痛風の原因としてよく挙げられる「プリン体」というのは、食べ物や飲み物に含まれているうまみ成分の一つであり、人体にとっては細胞の代謝・増殖に用いられる必須の成分です。

しかし、そもそも体内に存在するプリン体の約8割は食事から摂取したものではなく体が自分で生成します。つまり、あえて食事から過剰に摂取する必要はないものです。

そして利用されなかった余分なプリン体は尿酸として体外へ排出されます。言い方を変えると、体内の過剰なプリン体というのはいわば尿酸の材料とも言えるわけです。

尿酸値を上げてしまう食べ物

尿酸値を下げるには、もちろんまずプリン体の過剰摂取を控えるべきだということになります。

プリン体というのは、よく知られるところでは

「レバー」「貝類」「あん肝」「イワシやさんまの干物」

などがあります。これらを「高プリン体食品」と呼びます。高尿酸血症、痛風のガイドラインではプリン体の摂取は1400mg以内とされていますが、高プリン体食品のプリン体含有量は軒並み300ml前後です。

と言っても、プリン体というものはそもそも体細胞の構成成分なのでほとんどすべての食物に多少なりとも含まれてはいます。なので、特定の高プリン体食品を意識すると同時に、そもそもの食事量全体が過剰にならないことが重要です。

また、最近になって、尿酸値を抑えるためにはプリン体だけを気にしていてもあまりいいがないというような新たな報告も多く出されています。