人間に必要なビタミン(Vitamin)の種類

ビタミン(Vitamin)とは、

「生存に不可欠な微量成分」

というような意味を持つ造語で、体に必要な栄養素のうち三大栄養素である「たんぱく質・脂質・炭水化物」以外の有機化合物の総称です。

その前にそもそもビタミンとは何か

ふつうはビタミンAとかビタミンCというように記号を付けて呼ばれますが、実は「ビタミンA」という物質があるわけではありません。このAとかBとかCというのは特定の物質の名称ではなくて、人間にとって必要な微量成分をその性質や機能によって分類した、いわば「グループ名」みたいなものです。

たとえば、ビタミンAに属する有機化合物にはレチノールとか、αカロチン、βカロチンというように複数の物質があります。

また、どんな物質がどの機能を発揮するかは生物によって異なります。つまり、ビタミンとはあくまで「人間にとって必要」な化合物のことです。

人間にとって食品から摂取する必要があるビタミンは現在発見されている範囲で13種類存在し、以下のように分類されます。

「脂溶性ビタミン4種」

ビタミンA…… レチノール、β-カロテン、α-カロテン、β-クリプトキサンチンなど
ビタミンD……エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール
ビタミンE……トコフェロール、トコトリエノール
ビタミンK……フィロキノン、メナキノンの2つのナフトキノン誘導体

「水溶性ビタミン9種」

ビタミンB1……チアミン
ビタミンB2(ビタミンGともいう)……リボフラビン
ビタミンB3(ビタミンPPともいう)……ナイアシン
ビタミンB5……パントテン酸
ビタミンB6:……ピリドキサール、ピリドキサミン、ピリドキシン
ビタミンB7(ビタミンBwあるいは、ビタミンHともいう)…… ビオチン
ビタミンB9(ビタミンBcあるいは、ビタミンMともいう)……葉酸
ビタミンB12:……シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン
ビタミンC……アスコルビン酸

ビタミン様物質

上記の13種類のビタミン以外に、厳密にはビタミンとは言えないのに俗にビタミンという名前で呼ばれて一般に広まっているものや、あるいは、発見当時ビタミンと考えられていたが後から間違いであることが判明したものもあります。

たとえば、現在「アデニン」と呼ばれている物質は「ビタミンB4」と呼ばれていました。しかし、現在ではアデニンはビタミンとは定義されないことが判明しているのでビタミンB4という名称は使われていません。

現在の分類でビタミンB群についているナンバーがB1、B2、B3、B5、B6、B7、B9、B12……と不規則に見えるのはそのためです。

それぞれのビタミンの役割をざっと把握しよう

それぞれのビタミンが関与する体内での役割や効果を整理しておきたいと思います。

ビタミンA「成長」
①皮膚細胞、粘膜の生成
②生殖機能の発達
③視力の維持(暗順応)

ビタミンD「骨と歯」
① カルシウムの吸収
② リンの吸収

ビタミンE「機能回復」
① 抗酸化作用
② 筋肉の緊張をほぐす
③ 末端血流の促進

ビタミンK「血と骨」
① 止血
② 骨の石灰化

ビタミンB1「エネルギーを作る」
① 炭水化物の分解
② 糖質の代謝
③ 疲労回復
④ 皮膚、粘膜の維持

ビタミンB2(G)「皮膚」
① 代謝の補助
② 脂質の分解
③ 皮膚、粘膜の維持
④ 爪や髪の生成

ビタミンB3(PP)「老化防止」
① 糖質代謝
② DNAの修復
③ 循環器疾患の予防

ビタミンB5
① 代謝全般
② 神経の発達
③ コレステロールやホルモンの合成

ビタミンB6 「たんぱく質の利用」
① たんぱく質の分解

ビタミンB7(Bw)(H)
① アミノ酸、脂肪酸の代謝

ビタミンB9(Bc)(M)
① 赤血球の合成
② ガンの防止

ビタミンB12 「血を作る」
① ヘモグロビンの生成
② リン脂質の生合成
③ 脳神経の維持

ビタミンC 「美容と健康」
① コラーゲンの生成
② ストレス排除
③ 抗酸化作用 免疫力