いわしはコレステロールと血圧と家計の味方

イワシと言えば、大量に漁獲できて安価。まさに日本では庶民の味方という感じの青魚ですね。

水族館や、テレビの映像などでイワシの群れが水中を回遊する姿を見たことがあると思います。

日本国内では、イワシと呼ばれるのは

マイワシ

ウルメイワシ

カタクチイワシ

の3種類になります。

ちなみに、これ以外にもイワシには多くの近縁種があり、世界的にはこれらもイワシに含まれます。

かつて、そのような近縁種がイワシとして売られていることが問題になったことがあります。

イワシはずっと庶民の味方

日本では主に千葉や茨城沿岸などで漁獲高が多く、大量に獲れますので日本では昔から主要なたんぱく質の補給源として親しまれてきました。

はっきり言って、一番安い魚というイメージ。家計にやさしいだけじゃありません。

刺身はもちろん、焼いて良し煮て良し。塩焼きに、フライに天ぷら、煮付けとほとんど万能。イワシつみれはおでんや鍋物に合います。

また、缶詰の「いわしの蒲焼」は私も好物。

さらに、ちりめんじゃこ、またはシラス干しと呼ばれるのはイワシの稚魚ですし、和食の主要なダシである「煮干し」として大量に利用されていることは言うまでもありません。

ちなみに煮干しは製造の過程で酸化しやすいのでむしろ脂質が少ないもののほうが適していると言われます。

また酸化防止剤が添加されている商品もあるので厳密に栄養面を考えるならば銘柄を選んで買ったほうがいいです。

瀬戸内海で獲れたカタクチイワシを用いた香川県産のものが有名です。

最近は主にカルシウム不足を補う目的で煮干しをそのまま食べられるようにした商品もよく見かけます。

見たことありません? なんか煮干しとナッツがいっしょに入ってるの。

イワシの栄養

DHA、EPAをはじめとする不飽和脂肪酸が豊富な青魚です。

特に、epaの含有量がきわめて多く、血栓の発生を防ぐには非常に有効。

さらにカルシウムやリンといった骨の成長に大切な栄養が多いのが特徴です。

また、小型で安価でどんな調理法でも気軽に使えるイワシは、皮や骨まで食し尽くすことができます。

まさに生活習慣病を気にする私たちにとっては有難い味方と言えますね?

そして注目すべきは「イワシペプチド」と名付けられた特有の酵素です。

この酵素は体内で血圧の上昇を直接的に抑制する機能を持っています。

現在ではイワシペプチドを配合したサプリメントで特定保健用食品(トクホ)に指定されたものもあります。

ただし、イワシはプリン体が多いので気になる人は摂り過ぎないように注意しましょう。

プリン体とは、旨みの成分ですが分解されると尿酸になります。

尿酸量が排出能力を超えてしまう状態が長く続くとといわゆる「痛風」の原因になります。

また、話題のDHA、EPAも一日の基準量は2グラム以内です。

おおよそ3グラムを超えて大量に摂取すると副作用(出血が止まりにくくなる、下痢、軟便など)のような症状が起こる場合もありますので、むやみに食べ過ぎるのは控えましょう。

あと、加工済みの食品には塩分の多いものがありますので、動脈硬化を気にして食べるなら逆効果になりかねないので表示などをチェックしてくださいね。

イワシの頭も信心から……と妄信せずに、自分の食生活全体をきちんと見直した上で、上手に取り入れてくださいね。